函館市、北斗市、七飯町などでの家族葬、お葬式、葬儀、葬祭のことなら博善社におまかせください。

お問い合わせ

葬儀について

葬儀の流れ

「もしも」の時に備えてぜひ事前相談を。

事前相談をしていれば、万が一の時でも慌てることはありません。
慌てないためにも、下記の項目は確認しておきましょう。

◎宗派の確認をしておきましょう
◎個人の写真を探しておきましょう
◎ご遺族、ご親族並びに一般会葬者数を予測しておきましょう
◎世話役を決めておきましょう
◎故人の衣服を用意しておきましょう(キリスト教の場合など)

函館での葬儀の進め方(仏式における仮通夜から葬儀及び告別式まで)

仮通夜(於自宅)

ごく内輪の人にお集まりいただき、読経をいただく。お坊さんには茶菓子の接待だけでよく、日時・会場・お坊さんの人数等について再確認する。

湯灌及び納棺の儀

身内、近親者にはできるだけお集まりいただき、故人と最後のお別れをする。(納棺師がお手伝いして行うことが多い)

■ 準備するもの
• お棺の中にお入れになるもの(御愛用されていたもの、好きだった食べ物など。但し、なるべく燃えるものの方がよい。)
• 小銭
• 洗面器(ぬるま湯を入れてください)
• 新聞紙少々
• ゴミ袋1枚

※宗派によってこの他に用意して頂くものがあります。(葬儀社社員がお知らせします)

出棺

故人のお顔の周りに花を飾り、最後のお別れを済ませます。その後、霊柩車までお棺を先頭に、四華花をもたれた方の順に葬列し霊柩車に乗車します。お見送りのために霊柩車の周りで待っている一般会葬者に一礼してから、車に乗るようにします。

火葬場及び帰宅

火葬場に到着してご焼香の後、1時間半ほどでお骨が上がるので、待ち時間の間に昼食を済ませ、あまり遠くへ行かないように心がけましょう。骨拾いのときは火夫の指示に従って始めは足の先から拾い、箸渡しと言って近くの人の箸へ渡しながら、骨壺に納めます。
(最初、火夫の手によって大切な骨を分骨袋の方へ納めます。喉仏、むな仏、歯の骨など)
火葬場から自宅または式場に到着したら、まずお清めの塩を体にかけ、また手を洗います。(宗派によってはお塩を使わない場合もあります。)

通夜

「通夜」は葬儀の前夜に行いますが、故人と最後の一晩を、夜を通して過ごすことから通夜と呼ばれます。
なるべく開式の30分くらい前から式場に座りご弔問の方をお待ちします。
読経をいただき、全員が回し焼香し、身内、近親者はできるだけ前列に着席して、お経をいただきます。

■ 通夜式次第
• 開式の辞
• 読経(回し焼香)
• 説教(法話)
• 葬儀委員長または親戚代表挨拶
• 閉式の辞

葬儀及び告別式

当日、集合写真を撮る場合は、開会の1時間前に集合します。そして30分前には式場に座りご弔問の方をお待ちします。

■葬儀及び告別式次第
• 開式の辞
• 読経
• 弔詞弔電
• 焼香(立礼焼香または回し焼香)
• 葬儀委員長または親戚代表挨拶
• 閉式の辞

■ 焼香順の決め方
葬儀のときに最も問題が多く難しいことは親戚関係の焼香順位の決定です。今日では焼香順と相続問題が絡むことはなくなりましたが、多勢の人の中には必ずこれを問題にする人がいることを心得ておくべきでしょう。従ってそのお家の事情もありましょうから、後で問題の残らないように老人の方や親戚の長老に相談されて、順位をお決めになるのがよい方法です。

■ お布施
お布施等についてはあらかじめお寺様と金額を打ち合わせをしておき、取越法要前に挨拶を兼ねて、喪主または親戚代表の方がお渡しいたします。但し僧侶全員が同一寺院の場合は、初七日に担当僧侶様が自宅にお勤めにこられた時にお渡しになっても良いと思います。

  • サイトマップ
  • プライバシー

赤レンガサポートサービス

株式会社 博善社
〒040-0053 函館市末広町10-12
TEL.0138-27-1400 FAX.0138-26-8807
COPYRIGHTS(C) HAKUZENSHA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.